2014年04月

まだ来島して1ヶ月も経ってないですが...
気付いたことを何点か!

・基本的にエコバックを持ち歩いている。
(買い物袋がどこも有料なため)
・移動は車!軽~小型車が多め。
・方言が関西系
・電話はぶっきらぼう
・直接話すとめちゃくちゃ親切
・島外出身だと驚かれる
・食べ物の種類が豊富
・チェーン店が少ない

などなど。
やっぱり地域性ってあるんだなーと実感。
結構カルチャーショックなことも...

何が良いか悪いかなんてわからんけど
僕は僕のルーツを大事にしながら生活します。

まだまだ、あるある探すぞ~

毎日、お金のことで頭を悩ます。

学校の前期の学費も今度の奨学金がおりなきゃ払えないし。
教材も道具ももらってるのに...落ち着かない状態。
元手が全然なかったのは自分の責任だし
沢山の奨学金を借りなきゃいけんのは覚悟してたさ!

僕には時間がない。
最近特にそう思う。

同年代の人達はみんな就職して落ち着いた人もいて
まぁ、普通に就職して会社員とかをしてる人はいいのさ
僕はきっとそういう風には生きられないからさ。
人は人だし、僕は僕だ。

それにしたって若くして起業して成功してる人はいる。
一生懸命人のために奔走して稼いでる人がいる。
お金のためじゃなく、人や環境のために働いてて
そこにお金がついてくるんだからまさに理想だ!

みんながみんな成功するわけじゃないし
お金だけを考えたら方向性が違ってきてしまう。

それでもまだまだやれることはあるはず。
僕には僕なりのやり方で視点で何かできるはず...
いや、できる!!

それを感じるから急いでるわけで
誰かを羨ましがったり歳がどうたら言ってるわけではない。


最初の奨学金の話から飛んでしまったけど(笑)

1.学校行きながらバイトに明け暮れるか
2.バイトをほどほどにして空いた時間に
違う稼ぎ方を勉強しながら模索するか。
うーんうーん。
自分への投資にはどう考えても後者!
できるかどうかは自分次第。

さー!
答えは出ているぞ。

片側一車線の公道と農道
ガンガン追い抜きをする小型自動車たち

バスの運賃はガツガツ上がっていくし
タクシーなんて見たことないし!


シェアハウスから学校まで約5キロ。
だいたい15分掛からないくらいかな~
往復で良い運動ができています。

しかし、街灯がかなり少ないので
帰り道は10メートル先が見えなくなります(笑)
いやいや初めて夜道をチャリで帰った時
めっちゃ笑ってしまいました!

満面の星空☆
空見て走ってるだけで楽しくてしゃーないですよ!
毎日こんな星空見れるって幸せだと思う。
住む場所が違うって、見える景色が全然違うってこと。

まだまだ見たことのない景色を見てみたい!!


ただ...
バイト始めたり買い出し行ったりするときは
やはり原チャリが必要だったりする。
どこかに安いバーディーないかなー
今はシェアハウスの先輩がいて助かってるけど。
しっかり色々考えないとなー。

毎日のチャリ移動は爽快です!
自転車乗りは絶対に一度は来るべきだ!

僕がGIDであるということ。
元女性であるということ。

入試の面接の時にカミングアウトしたんです。
なので学校の事務の人や担任は知ってるだろうな~
とは思っていたんですが...

学科の人(20人弱)みんな知ってるんじゃ?
という疑惑。笑

少なくともシェアハウスに一緒に住んでる方達は
先生から聞いてるとのことでした。
先輩方は話を聞いてるらしい。うん。
同級生はわからない。
他の先生方はわからない。

でも他の先生に若干男性として見てもらえてない
気がするようなしないような。そんな感じもある。

やっぱり面倒やなぁ。
あえて大勢の前でカミングアウトすることを選ぶのか
このまま流れに任せて間違われたら『男です』と訂正するのか。

まだ特に何も問題はないからいいのだけど
戸籍の性別を変えたってすべてが解決するわけじゃなくて。
考えなくなるわけでもなくてね。

いろいろ考えながら進んでいきたいなって思います!

4月の始めのお話
学校への入学は決まってたんですが
住むところは決まってなかったんです。
そもそも本当に入学するのかってとこで問題が...
という話はさておき!

佐渡のアパートの家賃っていうのが
安いとこで2万5千~という感じ。
4万だったら結構いいとこに住めるという。
人口比として単身者が少ないので
ワンルームとか小さめの物件は高めで
ほとんどがファミリー向けの部屋。
むしろ戸建てを借りたほうが安い!?
みたいな状態です(笑)

僕は資金もほとんどなかったので
不動産屋と連絡はとってたものの悩みました。
うーむうーむ。

入学式の3日前くらいにオリエンテーションがあって
その時に不動産屋まわりをしようと思ってました。

しかし!!
学校の先生の話の中で『シェアハウスに住み始めた在校生』
がいるということ。
これは聞き捨てならんぞー!
ということで先生に詳しく聞いてみたわけです。

最近、誰も住まなくなった家があるとのことで
先生がそこの親戚の方から格安で借りたそうな。
そこに2人の学生が住み始めたとのこと!
そして部屋はまだあるとのこと!

さっそく紹介してもらって入居させてもらうことに。
学校からはちょっと遠いんですが、すごく良いとこです。

実は、不動産を調べてて思ったんですが
絶対にシェアハウスか何かで暮らしてる人はいる
という確信があったんですね、どこかで。
だから勘と運があったからこそなんです!
導かれたような気もします。

そして
入学式に引っ越しをするというギリギリな感じでしたが
無事に住居が決まったわけです。一安心。
お金も家賃や水光熱費を3で割るわけだから
すっごく安く抑えることができました。
感謝ですね。

↑このページのトップヘ