2012年05月

タイにいたときはなんとなく日本もアジアなんだなと感じた
けど韓国にいると海外にいるってことも忘れるかも。
そのくらい日本語があるし、容姿や服装が似てる。
あ、韓国の方はみんな流行りに乗りに乗ってて一律に見えたりもする。

こんな短い時間での観察だけども。

仙台人であるという誇りみたいなもの
日本人であるというアイデンティティー
アジア系であるという再確認。

自分が自分であることには変わりないし
個人としての歴史を持ってるわけだけど、
他にも抗えない歴史を負ってるわけだよね。

知るべきことや学ぶべきことを取りこぼさないでいたいな。
事実と真実は違っていたりする。
正しいことが間違っていたりする。

自分が確かだと思うものから解放されたい。
揺らぎたいなぁ。ぐらぐらと。
すんごい凝り固まってるってるなって時々思うから。

うはー
それにしたって発さなきゃ何も変わらない。変われない。
そのへんは遠慮は不要ですな。

がーんばろ。

なんだかんだで5月に入りまして、
2012も3分の1が終わってしまったんですよ!

1月に静岡と大阪に行ったのが一昨日のよう...
またどっかに行きたい欲が沸々とわいてきたよね。

なので行ってしまおう!韓国へ!!

姉に夏用物資を届けるのが目的なんだけど
やはりウキウキは止まらないですよー
身近すぎて海外な気は一切しないんだけど(笑)
そして行ったことないような気もしないんだけど
初!韓国!ですから。
うへー

異常気象が多くて、
暴風雨や強風や雹や竜巻が各地を襲ってる。
実際に被害が大きくて建物の倒壊や損壊、人的被害も多数。
メディアで報道されてるよりも現場は緊迫状態なんだと思う。

さぁ、ここで何を想い考えるだろう?
右から左に聞き流して記憶にだけ留めるかな
心配してその地方の友達に連絡取るかな
あー心配心配とだけ言って過ごすかな。

東日本大震災の時もそうだったよね!
おれは早さがすべてじゃないと思う。
心配だから連絡取るってのもなんか違った。
嬉しかったけど、結局それはその人の自己満足。
聞いて終わり。はい、その後は連絡なし!みたいなね。

それぞれに日常がある中で、
なにに想いを寄せるかは自由だし行動するしないも自由。
でも、誰がどのくらい切実に想ってくれてるかって
なんとなーくわかってくるもんなんだよね。
それは時間が経てば経つほどに。
決して行動が早い人や、立派なことを言う人じゃなかった。

ずっと繋がっていようと想ってくれてる人。
それが大事なんじゃないかな。
ヘラヘラしてても無口でも、そこには誠実。
ボランティアにきた人達の中でそんな人達とは
未だに繋がっていられてるからね。

おのずと見えてくるものがあるはず!焦らずね。

そんなことをまた改めて感じた休日でしたとさ!

↑このページのトップヘ