2012年03月

足元も見なきゃね。

どんどん日が昇るのが早くなって、
いつのまにか追いつかなくなってる。
知らないうちの時間は経ってるんだ。

青春時代、なんだかものすっごく夢中になってた人。
久しぶりに会ったら、おれの知らない誰かのパートナーになってて、
とても落ち着いて幸せそうな姿を見た。
複雑な気持ちだったけど、本当に幸せそうで良かったと思えたよ。
身体が2cmくらい浮いた気持ち。素敵じゃないか。

おれ自身は結婚に憧れも理想もない。
パートナーシップを豊かに育てていくことはどんな形でもできるし、
多様性があっていいと思うから。囚われないでいたいね。
関係性の中でおれが1番苦手とするのは、
言葉にすることや感情を表現することで。
したもん勝ちなところがあるからさ。
しない、できない人が悪いのか?よーわからん。

気分で付き合ってる気はさらさらないのだけど、
何かを強要されてるようで苦手だな。
ゆっくり落ち着いて向き合っていこう。
誰とでも。足元を見ながらね。 

やっぱりそうだ。
あるようでなくて、ないようである。
言葉遊びじゃないよ。

この状況が、この感情が、この行動が
自分のものだとどうして言えるだろう?
どうしてみんな自分のものだと主張するんだろ。
どこにいるかもわからないのに。わかってないのに。

どこまで本気なん?どっからが境界線?
そんなんないやろ。いつもあるのは借り物。どこもかしこも。
ちゃんと念頭に置こう。
感情の振れ幅に、振り回されて、何かわかったような気がして
周りがバカらしく見えて、同じところを何度も何度も。
さぁ、抜け出すには?
わかったふりなんてやめてあったかいココアでも飲みましょうか。

朝の光が早くなってきたからね。うん、うまい。

↑このページのトップヘ