2011年03月

3月11日
僕はキャンプのため伊豆大島にいました。
警報が鳴るもそこまで心配せずにテレビの報道を見聞いてびっくり。
宮城県が、東北地方が混乱してる!!
見慣れた土地や風景が壊されてく。

地震発生から仙台に帰るまでは
映画みたいな映像と展開で正直現実感がなかったです。
家族や友達の無事を確認したり色んな情報を聞いたりして
やっと頭が追いついてきたくらい。
東京で食料や災害時必要な物の
買い占めを見ててもただ滑稽だなってくらい。

3月17日
東京-鶴岡-天童-仙台と高速バス
重すぎる荷物を知人や姉に持ってもらい
よく頑張って帰ってきたねって言われた時
泣きそうになったくらい不安だった。
でも帰ってきてからの余震や原発はそれほど怖くはなくて
生きるか死ぬかの状況にいない強み。

もっと自分にできることはなんだろ。そればっかり考えてるよ。
新聞配達もさっそく再開したけど。日中はもっと有効活用しよう。
沢山の人に…じゃなくて大事な人を1人だけでも笑顔にできるように★
小さなことでもやってこう。

それに東京で一緒に過ごした信頼できる多くの人たちの
もったいないくらいの温かさや笑顔がめちゃめちゃ僕を強めてくれてる。
しっかり次に繋げないとな! 頑張るぞい!

本当は、素敵な年上の女性に翻弄されたいのだけど!

ちょっとした空き時間
色んな事をポツポツと考えるんだけど
現実か夢か分からないかも。
それは意識の問題じゃなく...
それが行動できるのかできないのか
夢で終わるのか現実化するのか
でも一歩を踏み出さなきゃなーんにも始まらないのよ。
最初は心配も迷惑も仕方ないのかな。

あとから感謝と成果を返していきたい。
そのために僕はどこの場所で何をすべきだろう!

↑このページのトップヘ