2010年09月

深く深く自分の色を読もう。
書きたいときに、書きたいことを、書きたいように、書く!
これ大事。

この間、大学の卒論で性同一性障害をテーマにしてる学生に会いました。
インタビューを頼まれまして。会ってみたらびっくり!
僕と同じ高校出身の一個下。
こんな偶然も面白くていいね。

僕の生い立ち~現在までを辿って、
久しぶりに自分を振り返りました。
時間にして3時間ちょっと(笑)
でもそこらのカウンセリングの先生よりも詳しく丁寧でしたよ。
単純に感心しちゃったもの。 んで思ったこと。

確かに性同一性障害の人に特徴的な出来事ってあって、
僕も通ってきた道がある。
それに対しての考え方とか想いとか思想が、
今になってハッキリと理解できたんだよね。
自分のことなのに。

これまで自問自答しまくって毎日頭パンクしてて、
ひたすら自己追究してた。
日記とか読み返しても、自分のことばっかだしね(笑)
でもそれが無駄な時間ではなかったのよ!
なんて言えばいいのかなぁ。
がむしゃらに右往左往して生きてきて振り返るヒマもなかったけど、
ちゃんと芯が通ってたんだ。
それをがっちり逞しく伸ばしてたんだって。
それで今があるんだなって。

少しだけ、ほんのちょっとだけ、
これまでの自分を褒めてあげることができた。
まだ甘々で生意気な末っ子体質人間だけど…

これからもそれなりに頑張っていこう!この機会に感謝★

要するに自分の中にあるものが旅によって
引き出されてくるだけなのだから、
どんなに長く多く旅しても何もない人からは何も出てはこないのだ。
だから、逆にそういう人にとっては、
いかに長く、いかに多く旅しているかだけが大切な問題となるのであろう。
(『ホテルアジアの眠れない夜』より)

タイ出発まで1ヶ月切りました。
予定立てて準備するまで考えたらすんごい短かったね!
これまで旅をして思ったのは、どこに行っても、
何を体験しても 僕は僕でしかないってこと。
大変身したり素晴らしい転機、なんてめったにないさ。
僕らしくあることが大事だね。

最近はもっぱらタイから帰ってきてからの行動について考えてる。
なんとなくは見えてきたよ。

僕は高校1年のころから何かにのめり込むことをやめてきた。
だから大好きな人・ものには近づかない見ないようにして…
浪人してからは受験勉強と大学のことだけ考えて、
周りからはもちろん偏差値の高い大学に行けるだろうと期待されてさ。
テレビもゲームもなくして、好きなことは大学受かってから。
それが当たり前みたいに過ごしてたのよ、ずっと。

でも今は完全完璧フリーじゃん!
なのに後遺症があってなかなか避けちゃうのよね。
勉強なんかしなくていいのに、勉強しなきゃって。。
そういうのを全部なくして一途になりたい。
好きなものもやりたいことも沢山あるんだ。 自分に素直でいよう。
明日は休刊日だってこと、さっき気付いたん。

外はどしゃ降りだから 今夜は朝までゆっくり寝るとします。

↑このページのトップヘ